MENU

代行会社の選び方

ビル

様々な基準があります

東京で会社を設立する場合、注意してもらいたいのが会社設立代行サポート会式に依頼する場合です。会社設立は自分でもできますので、知識がある方は自身ですべての手続きを行うのもいいでしょう。ただ、すべての方がそうとは限りません。会社を立ち上げるには法律の知識も必要ですので、知識などがない人は「会社設立代行サポート会式」など、専門機関に依頼する方が早いかもしれません。このような専門会社の数は多いので、その選び方にも注意する必要があります。その際は次の点に気をつけてください。まずは費用の面で、自分自身で会社を立ち上げるよりも安くなるかどうかがポイントです。例えば、会社を立ち上げる場合は定作成が必要ですが、定款電子認証を選択することで、自分で作るよりも4万円安くなります。東京にも様々な代行会社がありますが、その中にはいまだに電子認証を採用していない行政書士や司法書士などの専門家がいるのも事実です。てすので、東京で会社を立ち上げる際は、電子定款を採用している専門会社を選びましょう。次にサポートの面です。会社設立が初めての方は、何かと不安なことも多いことでしょう。そのようなとき、第三者のアドバイスやサポートがあるととても心強くなります。それぞれの代行会社で提供サービスは異なりますが、大切なのはそのようなサポート体制がしっかりしているかどうかです。代行会社のスタッフが、面談の際に適切なアドバイスやサポートをしてくれることが大切です。この点は、口コミなどでも確認できますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。東京で会社設立代行会社を利用する際は、以上の点や基準を参考にしてください。